学院について

学院長のあいさつ

学院長:吉田 耕太郎

本学院の発足は、金の卵と言われ集団就職で上京する時に、駅で涙ながら親と別れて行かなければならなかった子供たちを目の当たりにした医師会の大先輩方が、何とか地元で働かせてあげたいとの想いから、医療分野での看護師養成所の設立を決意して昭和35年5月に社団法人盛岡准看護学院として開設し、昭和55年4月から現在の盛岡市医師会附属盛岡高等看護学院、盛岡准看護学院として運営されています。

本学院の講義、実習は盛岡市医師会会員、岩手医科大学をはじめ関連病院の御協力のもと充実した内容で行っております。学院生の中には医療機関に勤務しながら学業と両立し卒業して行く方も多く、資格試験、国家試験も高い合格率を維持しています。また卒業生のほとんどが県内の医療機関で地域医療に貢献しています。今後も多様な社会情勢の変化にも応じられる看護師、准看護師を教職員、盛岡市医師会会員、関連医療機関一丸となって育成してまいります。

岩手県を活性化させるため、医療の分野で高い志を持って看護の道を目指す皆様方の入学を心よりお待ちしております。

沿革

昭和35年 5月 創設
設置者 社団法人盛岡准看護学院
昭和36年 4月 准看護師養成所に指定
昭和36年 7月 社団法人盛岡准看護学院設置認可(岩手県)
昭和54年12月 附属盛岡高等看護学院設置認可(岩手県)
昭和55年 2月 附属盛岡高等看護学院指定認可(厚生省)
昭和55年 4月 盛岡准看護学院の設置者を社団法人盛岡市医師会に変更
第1回高等看護学院・准看護学院合同入学式
平成29年 3月 第35回高等看護学院・第37回准看護学院合同卒業式

特色




  • 幅広い年齢層の同級生と一緒に学ぶことで、視野が広がります。
  • 盛岡市内の中心部に近い文教地区に位置し、静かな環境の中で学べます。

高等看護学院

  • 准看護師として勤務しながら通学できます。
  • 定時制(昼間)の進学コースです。
  • 3年間で看護師免許取得を目指せます。

准看護学院

  • 2年間で准看護師の受験資格を取得できます。
  • 附属の高等看護学院を併設し、卒業後は准看護師として勤務しながら看護師資格取得を目指せます。
このページの先頭へ